吹上浜 砂の祭典

   

鹿児島の魅力をご紹介します#79
吹上浜 砂の祭典
東シナ海に面した、日本三大砂丘のひとつに数えられる、吹上浜。吹上浜では、国内外のアーティストがこの砂を利用した、サンドアートを作成し展示するイベントが開かれ、毎年10万人以上の人が訪れています。夜には、ライトアップや、花火などの演出もあります。このイベントは、立ち上げ当初から加世田青年会議所(現:南さつま青年会議所)が関わっていたことで知られています。

http://www.sand-minamisatsuma.jp/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

サマーナイト

 

鹿児島の魅力をご紹介します#66
サマーナイト
かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会、通称サマーナイトは、鹿児島市で最大の花火大会として、夏の一大イベントとなっています。メインの観賞スポットであるドルフィンポートでは、解説を聞きながら、レーザー光線などによるショーも楽しめるほか、各種露店での買い物もできます。また、桜島フェリーなどの納涼観光船からの観賞も人気が高いです。
http://hanabi.kankou-kagoshima.jp/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.14

 

鹿児島の魅力をご紹介します#46
鹿児島マラソン
本日3月4日(日)は、鹿児島マラソン2018が開催されます。2016年が初回大会であったこのイベントは今年で3回目。10000人が走るフルマラソンでは、ドルフィンポート前をスタートし、桜島の雄大な景色を横目に、鹿児島市役所前でゴールを切るコースが設定されています。フルマラソンの完走者に「黒豚とんこつ」が、他にも会場で「まつもと茶」、「ふくれがし」がふるまわれるなど、おもてなしいっぱいのイベントとなっています。
http://www.kagoshima-marathon.jp/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.05

おぎおんさぁ

 

鹿児島の魅力をご紹介します#40
おぎおんさぁ
鹿児島の夏の風物詩「おぎおんさぁ」は、京都の八坂神社の祇園祭をルーツとしています。悪疫退散、商売繁盛を祈願して江戸時代から行われている伝統ある祭りであり、鹿児島市の無形民俗文化財に指定されています。その中でも中心となる勇壮な神輿の行列でひときわ気勢をあげているのが、先頭をあるく一番神輿です。一番神輿は、35年に渡り鹿児島青年会議所が運営の中心となっている神輿であり、唯一御神体が宿っている神輿でもあります。鹿児島青年会議所の熱い夏はおぎおんさぁでピークを迎えます。ソイヤ!
※今年は、7月21日・22日開催の予定です

https://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2033

VISITING KAGOSHIMA 2018.04.30

おはら祭り

鹿児島の魅力をご紹介します#22
おはら祭り
毎年11月2日と3日に催されるおはら祭りは、鹿児島最大のお祭りです。踊り手数万人が天文館のメイン通りに集まって「おはら節」に合わせて踊り、人では数十万人に及びます。昭和24年に市制施行60周年を記念して始まったお祭りだそうです。

VISITING KAGOSHIMA 2018.03.27

六月灯

鹿児島の魅力をご紹介します#20
六月灯
旧暦の6月、鹿児島県内各地の神社や寺院では、毎日どこかで六月灯が開催されています。そこでは、たくさんの灯篭が奉納され、参道に出店する出店を目当てに多くの老若男女が集います。この300年以上続く鹿児島の夏の風物詩・六月灯の中で最大のものは、7月15日16日にある照国神社の六月灯であり、2日間で10万人もの人が集まるそうです。

VISITING KAGOSHIMA 2018.03.25

menu
CLOSE