知覧特攻平和会館

 

 

鹿児島の魅力をご紹介します#100
知覧特攻平和会館
1941年に始まった第二次世界大戦。1945年に日本の同盟国であったドイツが降伏すると、アメリカを中心とする連合軍の攻勢は日本だけに集中するようになり、日本全土が苦戦を強いられるようになりました。米軍主力が沖縄南西にある慶良間列島に上陸すると、当時
の日本政府は沖縄を本土の最前線と考えていたので、沖縄を守るために「特攻作戦」ができました。特攻作戦とは、重さ250kgの爆弾を装着した戦闘機で敵の艦船に体当たりして沈める、パイロットは必ず“死ぬ”という作戦でした。この作戦には知覧基地を始め、宮崎県の都城など九州の各地、そして当時日本が統治していた台湾など多くの基地から出発していますが、知覧基地が本土最南端だったこともあり、最も多く、全特攻戦死者1036名のうち、439名、半数近くが知覧基地から出撃しています。圧倒的な物的戦闘力に勝るアメリカの進攻を阻止する日本軍としては、兵士一人一人の精神力を武器とした特攻戦法しかないとの結論に達したのでした。知覧にある「知覧特攻平和会館」には、隊員の当時の真の姿、遺品や記録が残されていて、当時のことを深く知ることで、多くのことを感じることができます。

http://www.chiran-tokkou.jp/

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.23

寺山炭窯跡

鹿児島の魅力をご紹介します#95
寺山炭窯跡
薩摩藩主島津斉彬の集成館事業の一つである反射炉(防衛のための大砲や武器の製造)・蒸気機関などには大量の燃料が必要で、石炭が産出されない薩摩では、木炭(白炭)を作る必要がありました。材料となる樫やぶなの木などが多く茂り、水源もあり好立地であった寺山には3基炭窯が築かれ、そのうちの1基が今も残っています。炭窯は緻密な石垣が積み上げられ、高さは約2.7mほどあり、奥行きが約4mと当時の炭窯としてはとても大きく造られています。ここで焼かれた炭は火持ちが良く、高温を発し、重宝されたと言われています。

※平成27年7月5日に世界遺産一覧表に記載された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつです。

写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.22

坊津の夕日

鹿児島の魅力をご紹介します#83
坊津の夕日
鹿児島市から車で90分。東シナ海に面した坊津は、風光明媚な場所です。リアス式海岸の景観が広がっており、水平線に沈む夕日とのコントラストは、鹿児島で一番美しい夕日ともいわれています。
http://www.kagoshima-kankou.com/course/51648/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.22

百合ヶ浜

鹿児島の魅力をご紹介します#98
百合ヶ浜
与論島の沖合1.5kmにあるこちらの浜は、春から夏の中潮から大潮の干潮時だけに姿を現す真っ白な砂浜です。名前の由来は、ユリのように白い砂から。星砂が見られる貴重な場所でもあります。

百合ヶ浜を訪れることができる、公式エクスカーション”奇跡の海をめぐるヨロンぶらり旅”の受付中です
https://www.2018aspac.com/excursion/

http://www.yorontou.info/spot/e000014.html

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

霧島神宮

鹿児島の魅力をご紹介します#97
霧島神宮
欽明天皇の時代(6世紀)、社殿が造られたのが始まりとされる。実際は高千穂峰に対する山岳信仰から始まった神社であるとも言われている。
歴代島津氏の尊崇篤く、また、神木の杉は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれているなど、由緒ある神社として知られている。1866年春には坂本龍馬と妻おりょうが新婚旅行の途中で参詣したとも伝えられている。
霧島の山々に囲まれ、また天気の良い日には桜島も望むことが出来る景観を有し、また静謐な参道そして本殿などの建物(国指定重要文化財)もその由緒を物語る。

霧島神宮での参拝と和装体験が味わえる公式エクスカーション”美・食・体験に魅せられる霧島探訪の旅”只今受付中です。
https://www.2018aspac.com/excursion/

住所:霧島市霧島町田口
アクセス:JR日豊本線霧島神宮駅よりバスで10分

http://www.kirishimajingu.or.jp/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

関吉の疎水溝

鹿児島の魅力をご紹介します#96
関吉の疎水溝

鹿児島市下田町にある疎水路。

幕末の薩摩藩主、島津斉彬によって進められた、集成館事業の動力源として利用されたもので、稲荷川の上流から仙巌園まで約8kmに渡って掘られ、この疎水溝を使って集成館まで水を引き込み、水の力をうまく利用し動力源に変えていたと言われています。

現在では途中で途切れているようですが、川から水を取り込む取水口跡は現存しており、疎水溝の一部は今でも農業用水路として利用されています。

平成27年7月5日に「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼,造船,石炭産業」の構成資産として、世界文化遺産に登録されました。
写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

http://www.japansmeijiindustrialrevolution.com/…/component0…

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

維新ふるさと館

鹿児島の魅力をご紹介します#94
維新ふるさと館
維新ふるさと館(いしんふるさとかん)は、鹿児島市加治屋町にある資料館です。主に明治維新を中心に薩摩藩や日本の歴史についての展示を行っています。近代日本の原動力となった鹿児島の歴史や先人たちの偉業などを、映像・ジオラマ(模型)・ロボットなどハイテク技術を使った多彩な展示・演出によって、楽しく分かりやすく紹介しており、目玉は、地下1階の維新体感ホールで上映される2つのドラマです。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通などにそっくりな等身大ロボットやマルチスクリーンにより臨場感あふれるダイナミックなドラマが展開されます。また、「薩摩スチューデント、西へ」では、薩英戦争後に西洋の技術を学ばせるため、薩摩藩が国禁を破り英国へと派遣した留学生がテーマです。ぜひ足を運んでご覧になってください。
平成30年1月のリニューアルでは、映像などを使った体験型展示を導入し、薩摩藩独自の教育方法である「郷中教育」などについてより楽しく学べるようになっています。

甲突川河畔にある維新ふるさと館は、幕末から明治維新に活躍した西郷隆盛や大久保利通などの出身地であり、「維新のふるさと」とも言える加治屋町に位置していて、近隣に多く設置されている彼らの誕生地の碑も見学のついでに訪れることができます。

http://ishinfurusatokan.info/

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

忠元公園

   

鹿児島の魅力をご紹介します#92
忠元公園
鹿児島県の北部、伊佐市大口にある公園。平成2年に「日本のさくらの名所100選」に選定されている。市街地を見渡せる小高い丘の上に位置し、忠元神社を中心に約2kmにわたって桜並木が続く桜の名所として知られています。公園をぐるりと囲むように植えられている桜は、夜になると照明や提灯でライトアップされ、昼夜異なる表情の桜を楽しむことができます。毎年3月下旬から4月上旬にかけて桜まつりが開催されています。
鹿児島県伊佐市 大口原田1081

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

曽木の滝

 

鹿児島の魅力をご紹介いたします#91
曽木の滝
「曽木の滝」「曽木発電所遺構」
鹿児島県北部、伊佐市にある滝。川内川上流にある滝で、伊佐市の南西部で「曽木の滝」となって鶴田ダムへとそそいでいます。滝幅210メートル、高さ12メートルもあり、巨岩の間を落ちる様は圧巻で、「東洋のナイアガラ」と言われています。
曽木の滝公園が隣接しており、春は公園内の桜やつつじ、秋には銀杏や紅葉が彩りを添え、季節ごとに訪れる人々を魅了します。雨の後は水量も多く豪快そのものです。
毎年11月下旬には「曽木の滝公園もみじ祭り」が開催されます。滝や紅葉がライトアップされとても幻想的です。
また、園内には曽木発電所の遺構である地下道150mを利用して作られた「曽木の滝洞窟きのこ園」があります。滝の下流から鶴田ダムのダム湖である大鶴湖が広がり、滝の1.5km下流にはダムが洪水調節のために水位を下げている夏の時期だけ姿を現す「曽木発電所(第二発電所)遺構」があります。

VISITING KAGOSHIMA 2018.05.18

番所鼻自然公園

鹿児島の魅力をご紹介します#90
番所鼻自然公園
南九州市頴娃町にある公園。
日本地図作成のため全国を実測した伊能忠敬が「天下の絶景」と絶賛した景勝地。
伊能忠敬が番所鼻を測量で訪れたのは1810年,66歳の頃でした。
この地に立つ石碑は,これを記念して昭和31年に建立されたもので,当時の首相・鳩山一郎氏の書による「伊能忠敬先生絶賛の地」と文字が刻まれています。
また、目前の海には,「竜の落とし子」が棲んでいます。
昇竜を連想させるその姿から,しばし「幸運の守り神」とされますが,メスから授かった卵をオスのおなかの袋で大切に育てて出産するその珍しい生態や夫婦仲がよいこともあり,古より「竜の落とし子」には安産や子宝など,五つの吉祥ありと伝えられてきました。
この地を訪れる皆様の幸福を願い建てられたこの鐘は,鳴らす回数で「恋愛成就・夫婦円満」「安産」など祈願できます。

menu
CLOSE