おぎおんさぁ

 

鹿児島の魅力をご紹介します#40
おぎおんさぁ
鹿児島の夏の風物詩「おぎおんさぁ」は、京都の八坂神社の祇園祭をルーツとしています。悪疫退散、商売繁盛を祈願して江戸時代から行われている伝統ある祭りであり、鹿児島市の無形民俗文化財に指定されています。その中でも中心となる勇壮な神輿の行列でひときわ気勢をあげているのが、先頭をあるく一番神輿です。一番神輿は、35年に渡り鹿児島青年会議所が運営の中心となっている神輿であり、唯一御神体が宿っている神輿でもあります。鹿児島青年会議所の熱い夏はおぎおんさぁでピークを迎えます。ソイヤ!
※今年は、7月21日・22日開催の予定です

https://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2033

menu
CLOSE