清水城跡

 

 

鹿児島の魅力をご紹介します#53
清水城跡
鹿児島には、地元の人にも知られていない城跡が沢山あります。こちらの清水城もその一つです。
今から約650年前に山の地形を利用した山城が築かれました。現在の清水中学校一帯(裏手山~葛山あたりまで)に、それは、1387年島津家第7代元久公が大隅の地より鹿児島の多賀山、東福寺城に入り、そこが手狭だったために清水城を築いたことが始まりです。それから伊集院の島津貴久公が内(現・大龍小学校)を築くまでの約150年間清水城は鹿児島の守護所としての役割を担っていました。鹿児島市立清水中学校(鹿児島市稲荷町36−29)横手にある城跡までの登山道は、完全には整備されていませんが、ハイキング感覚でシニア世代でも登ることができます。

menu
CLOSE