維新ふるさと館

鹿児島の魅力をご紹介します#94
維新ふるさと館
維新ふるさと館(いしんふるさとかん)は、鹿児島市加治屋町にある資料館です。主に明治維新を中心に薩摩藩や日本の歴史についての展示を行っています。近代日本の原動力となった鹿児島の歴史や先人たちの偉業などを、映像・ジオラマ(模型)・ロボットなどハイテク技術を使った多彩な展示・演出によって、楽しく分かりやすく紹介しており、目玉は、地下1階の維新体感ホールで上映される2つのドラマです。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通などにそっくりな等身大ロボットやマルチスクリーンにより臨場感あふれるダイナミックなドラマが展開されます。また、「薩摩スチューデント、西へ」では、薩英戦争後に西洋の技術を学ばせるため、薩摩藩が国禁を破り英国へと派遣した留学生がテーマです。ぜひ足を運んでご覧になってください。
平成30年1月のリニューアルでは、映像などを使った体験型展示を導入し、薩摩藩独自の教育方法である「郷中教育」などについてより楽しく学べるようになっています。

甲突川河畔にある維新ふるさと館は、幕末から明治維新に活躍した西郷隆盛や大久保利通などの出身地であり、「維新のふるさと」とも言える加治屋町に位置していて、近隣に多く設置されている彼らの誕生地の碑も見学のついでに訪れることができます。

http://ishinfurusatokan.info/

menu
CLOSE