霧島神宮

鹿児島の魅力をご紹介します#97
霧島神宮
欽明天皇の時代(6世紀)、社殿が造られたのが始まりとされる。実際は高千穂峰に対する山岳信仰から始まった神社であるとも言われている。
歴代島津氏の尊崇篤く、また、神木の杉は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれているなど、由緒ある神社として知られている。1866年春には坂本龍馬と妻おりょうが新婚旅行の途中で参詣したとも伝えられている。
霧島の山々に囲まれ、また天気の良い日には桜島も望むことが出来る景観を有し、また静謐な参道そして本殿などの建物(国指定重要文化財)もその由緒を物語る。

霧島神宮での参拝と和装体験が味わえる公式エクスカーション”美・食・体験に魅せられる霧島探訪の旅”只今受付中です。
https://www.2018aspac.com/excursion/

住所:霧島市霧島町田口
アクセス:JR日豊本線霧島神宮駅よりバスで10分

http://www.kirishimajingu.or.jp/

menu
CLOSE