甲突池

鹿児島の魅力をご紹介します#8
甲突池
鹿児島市街地から北西に車でおよそ50分,鹿児島市花尾町(旧:郡山町)八重山の中腹に,鹿児島市の中心部を横断する甲突川の源流「甲突池」があります。
この池に集まる山からの贈り物(湧き水)は,透明感抜群であり,水面はまるで鏡のように周りの木々を映し出し神秘的な風景を創り上げています。
さらに,数匹の鯉が気持ちよさそうに泳いでいる姿を見ていると,時が経つのを忘れてしまいそうな癒しの場所です。
平成20年6月,甲突池は環境省が選定した「平成の名水百選」に選ばれました。甲突川の源流で,市民にとって命の水であることや,地元自治会を中心に周辺環境が保全され,市民に親しまれている点などが評価されました。
甲突川からおよそ1キロの道路脇には,湧き出した水を汲むことができる場所があります。「銘水八重の雫」は,そのまま口に含むと柔らかく甘みがあって,水を汲みに訪れる方によると,この水を焼酎の割水にしたり,おみそ汁を作るのに使うそうです。
甲突池の周辺は,山の斜面に石積みの棚田が重なり合い,のどかな田園風景が見られます。こうした風景を眺めたり,まだまだ自然を楽しみたい方には,八重山登山コースもあります。
http://www.pref.kagoshima.jp/…/…/takarahako-sizen230602.html

menu
CLOSE