若き薩摩の群像

鹿児島の魅力をご紹介します#24
若き薩摩の群像
鹿児島中央駅東口の広場にあるこの像は、高さが12.1メートルあるそうです。鹿児島を代表する彫刻家・中村晋也さんによって製作され、1982年に完成しました。モチーフとなっているのは、1865年鹿児島県串木野から旅立った、英国留学生たち。留学生らは、帰国後、経済・産業などの文化で活躍し、時代を変革する立役者となりました。中には、大阪商工会議所初代会頭・五代友厚、初代文部大臣森有礼、アメリカで葡萄王として名を知られた長澤鼎らの姿も見られます。

menu
CLOSE